ルパン三世 1$マネーウォーズ

【あらすじ】

1カラットもない安物の指輪、マルケスの記念指輪がニューヨークのオークション会場に出品された。呆れ返る衆人をよそに、一人の紳士が百万ドルの値を付けるが、1$差でバンク・オブ・ワールド頭取のシンシアに競り負けてしまう。 そこへ銭形警部が現れた。 シンシアと競り合っていた紳士の正体はルパンだったのだ。 ルパンは指輪を奪い逃走しようとするが、シンシアの部下ナビコフに奪われてしまう。
指輪には、持っているだけで世界の王になれるというブローチの所在を示す秘密が隠されていて、シンシアもそのブローチを狙っていたのだ。 ルパンと次元は、宗教にのめり込む五ェ門と共にバンク・オブ・ワールドに忍び込んだ。途中次元がマグナムを紛失し、やむなくルパンのワルサーを借りるというトラブルがあったものの、ハイテク機器で固められた金庫室に、煙幕などのローテクを駆使して対抗し、見事指輪を取り返した。
その後、やはり相性の悪かった次元はワルサーをルパンに返却。そして銭形をまき、ナビコフの包囲もヘリでくぐり抜けるが、一瞬をついてナビコフの銃弾がルパンの胸を貫いた。ヘリから落下したルパンの死を確認し、指輪を再び奪ってナビコフは去って行く。
号泣する銭形と放心状態の不二子をよそに、次元と五ェ門はルパンの棺桶を土に埋めた。ICPOに辞表を提出した銭形をよそに、ルパンの仇討ちのためにナビコフの元に乗り込んだ次元・五ェ門・不二子。ナビコフの方も満を持して待ち伏せをしており、代用のマグナムでは実力を出せない次元は劣勢に追いやられてしまう。五ェ門も乱戦の中で衣服を破壊された不二子を守るため苦戦を強いられる。
戦いの末、次元はマグナムを奪還、人質により形勢逆転かと思われる中、ナビコフは切り札を発動する。天上に設置した磁力装置により次元のマグナム、五ェ門は斬鉄剣が奪われてしまう。不二子に至っては破壊を免れた衣服に加えブラジャーまで奪われてしまう。更に対人地雷と時限爆弾から一歩も動けなくなるという絶体絶命の危機に陥る。しかしそこに現れたのはルパンの埋葬時にいた神父だった。彼が対人地雷を解除したことで次元はマグナム、五ェ門は斬鉄剣、不二子はブラジャーを取り戻し、神父と共に脱出する。
不思議がる三人の前で、神父はその正体を現した。なんと彼は射殺されたはずのルパン。ルパンは次元が返していたワルサーによって、奇跡的に助かったのである。日本に帰ろうとしていた銭形と途中で遭遇した後、彼らは海底油田が眠っているといわれる島、カリ島へと向かうのだった。

【ブログランキング】 【Openload】 【アニメを見る】 【Streamango】 【動画を見る】
【映画】 【GYAO】 【ランキング】 【洋画を見る】
【ブログランキング】
動画ランキング ドラマ映画ランキング とれまがブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

www.000webhost.com